フルオーダー住宅

注文住宅というと、自分で自由に決められて、こだわりの家が建てられる!とイメージしていませんか?それが、フルオーダー住宅です。ここでは、フルオーダー住宅の特徴や、メリットとデメリットについてお伝えします。

フルオーダー住宅の特徴

注文住宅を作る場合、自分や家族の希望をすべてかなえられるのが、フルオーダーの特徴です。家の外観に加え、間取りや天井の高さ、導入したい設備や、それぞれのパーツに使用する材料や色などを、すべて自分たち…

フルオーダー住宅のメリット

フルオーダー住宅の最大のメリットは、何と言っても間取りやデザインの自由度の高さです。もちろん立地による法制面の制約や、耐震強度などの設計面の制約はありますが、その自由度は圧倒的に高いです。従来から…

フルオーダー住宅のデメリット

細部まで自分好みの設計をオーダーできる注文住宅ですが、理想を実現できるメリットがある反面、住宅が完成するまで長い時間がかかってしまうデメリットがあります。一般的な注文住宅の完成までに必要となる期間…

セミオーダー住宅と規格住宅

フルオーダー住宅が完全自由な家づくりだとしたら、セミオーダー住宅と規格住宅とは、いったいどのような家づくりができるのか。ここでは、それぞれの特徴と違い、そしてメリットとデメリットについてお伝えします。

セミオーダー住宅と規格住宅の特徴と違い

一口に注文住宅と言っても、フルオーダー住宅、セミオーダー住宅、それに規格住宅の3つの種類があります。フルオーダーとは、間取りから内装や外装に至るまで、施行内容の殆ど全てを依頼者が自由に決定して、発…

セミオーダー住宅と規格住宅のメリット

注文住宅の間取りを自由に決められるのがセミオーダー住宅のメリットで、内装などの仕様もある程度は指定できます。フルオーダー住宅と比べると決められる範囲は狭くなりますが、壁紙やクローゼットの色合いなど…

セミオーダー住宅と規格住宅のデメリット

セミオーダー住宅のデメリット

セミオーダー住宅のデメリットは、フルオーダー住宅と比べると自由度が低いことです。外装や内装の色合いなどある程度自由に選べる項目もありますが、全て要望通りにするのは難しいです。間取りや水回りの設備などは、決められた選択肢の中から選択する形となります。自分で決めたいこだわりの部分がある場合、自分の意見が反映できる業者を選ぼうと思うと数が限られるでしょう。基本的な設計やデザインは決まっているものの、要望すれば変更できる可能性があります。しかし自分のこだわりがありすぎると、追加金額がかかることになるので注意が必要です。コストを削減するためにセミオーダー住宅を選んでも、結果的にフルオーダー住宅と変わらない建築費用が請求されてしまいます。

規格住宅のデメリット

規格住宅のデメリットは、自分の思い通りの住宅を作るのが難しいという点です。規格住宅は基本的に規格プランが決められており、その中から好きなものを選びます。間取りなどを思い通りに決めたいという方にとっては、物足りないと感じるかもしれません。規格住宅を検討している場合は、自分の理想に近い規格住宅を建てられるメーカーを見つけるようにしましょう。最初から最後まで自分の自由で間取りや内装を決めたいなら、規格住宅以外の選択肢を考える必要があります。また、規格住宅の条件は難しく、複雑な形の土地など場合によっては規格住宅を建てられない可能性もあるので注意が必要です。事前に専門家に相談して、規格内で施工できるか確認することをおすすめします。

せっかく家を建てるなら、自分の好みをふんだんに取り入れて、理想の家を建てたい!とお考えの方も多いのではないでしょうか?ここでは、注文住宅を検討中の方の参考になるようにな、注文住宅の種類について紹介していきます。